NOOB-LOG !!

ぬーぶろぐ !!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010冬終了・2011春開始アニメ評価

大震災が世間に暗い影を落としていますが、先々のことを悲観ばかりせず、アニメを見て"日常"を感じましょう。

さて、個人的評価にうつりますが、☆の数で以下の通りに示します。
2011年冬期終了のアニメはオススメ度とし、2011年春期開始のアニメは期待値とします。
・☆☆☆☆☆;最高!見ないと損!/期待大
・☆☆☆☆;良作、見るよろし/期待
・☆☆☆;普通/普通
・☆☆;微妙、見なくてもよかった/一応視聴継続
・☆;駄作/切ってもいいか
・-;時間の無駄な浪費/見る気も起きない

尚、説明や考察も少々書き添えておきます。


【2010年冬期終了アニメ評価】

・IS〈インフィニット・ストラトス〉
オススメ度:☆
終始萌えとエロ要素だけで成り立っていた。
新たな萌え豚を生んだことにより、アニメに対する(主に若年層の視聴者の)価値観の低俗化に拍車をかけた可能性は否定できない。

・STAR DRIVER 輝きのタクト
オススメ度:☆☆☆
最終回は良かった。
ただし、1 ク ー ル でやれ。
まあ日曜夕方のアニメ枠であるため仕方がないが、1クールで収まる内容だったと思う。
そのせいで中だるみが生じたのだろう。それが評価を下げる。

・これはゾンビですか?
オススメ度:☆
終盤になり、ギャグとシリアスのバランスは崩壊した。
よく思い返せば、そのギャグが下品だったこともあり、やっぱり駄作。

・ドラゴンクライシス!
オススメ度:-
来年の今頃は、こんなアニメがあったことなど覚えていないだろう。
でも宇治原は覚えているのだろう。

・フラクタル
オススメ度:☆☆☆☆
どうしてフラクタルシステムには、少女を神に頂く必要があったのかは分からん。
これについては僕が劇中での説明を聞き漏らしただけなのかは知れないが、フラクタルが人々の信仰の的となっており、それのための生贄を彷彿させる点は良い。
結局鍵はソフトとハードで成り、性的虐待を受けて精神の成長が停止したか、後退したかした少女の10歳の記憶(ソフト)がネッサ、当時16歳の身体(ハード)がフリュネであったわけだ。
つまりダブルヒロインにみえて、実のところヒロインは一人ともいえる。
フリュネが当初ネッサが嫌いだったのも、穢れを知らない自分に対して穢れた自分を嫌悪していたからだと納得できる。
また、鍵となったフリュネは少なからず、精神が完全にネッサになったわけではないらしい。それは一体"誰"なのか分からないし、フラクタルシステム自体も建材ではあるが、一応ハッピーエンドなのだろう。
しかし、あの変態のおっさんがフリュネの純潔を確認するのではなく、性行為における何を確認しようとしていたのかはよう分からん。あるいは確認ではなく、単にいやらしいことをしたかっただけなのか…。

・とある魔術の禁書目録Ⅱ
オススメ度:☆☆
原作を読んではないが、尺が足りず説明不足であるのはよく分かった。
しかし原作を読みたいと思わないのだから、微妙なのだろう。
また口頭での説明が嫌に多すぎるのは、原作に忠実なのかは分からないが、どちらにせよ上手い手法とはいえない。

・お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
オススメ度:☆☆☆
ギャグを全うした。実に大義であった。

その他、放送休止中のものについてはまだ評価は控えておきます。
ただし、フラクタル、STAR DRIVER、まどかの三作品に登場する「エントロピー」という単語について少し考察しましょう。
同時期にエントロピーについて語られるということは、やはり社会情勢を映しているといえます。
つまりエネルギー問題をどの作品でも取り上げているのです。
古来から芸術などには、そうした社会情勢が表れていたらしいので、今日においてもそれは同じということなのでしょう。
とはいえ、3作品のうちどれもエネルギー問題を話の軸に据えているわけではないではあります。
特にフラクタルでは、特段関係ありませんでした。
ただ、もしかするとSTAR DRIVERとまどかの設定はよく似ている可能性はあります。
STAR DRIVERの「エントロピープル」≒まどかの「きゅうべえ」
STAR DRIVERの「リビドー」≒まどかの「少女が発する膨大なエネルギー」
などのように考えることも出来るのではないか、などと思ったりしますが、どうでもいいですね。


【2011年春期開始アニメ評価】

・花咲くいろは
期待度:☆☆☆
朝 ド ラ で や れ 。
といいたいところですが、ある意味で朝ドラをアニメに輸入したといえなくもない。
そうした試みは悪くないと思う。
でも僕は面倒臭くなって切りそうな予感。

・TIGER&BUNNY
期待度:☆☆☆☆☆
広告を背負ったヒーロー達と番組。
おっさんと若者のコンビ。
ヒーロー・キャラクターデザイン原案が桂。
第一話は非の打ちどころがない、といっても良い素晴らしい出来だった。
期待大である!

・日常
期待度:☆
ほのぼの系(?)は話に波がないから、僕は基本的に好きではない。
一話どころか、一話の途中で切った。
ただし、らきすたやみなみけよりはマシに感じた。

・俺たちに翼はない
期待度:-
今期一番の駄作がもう決まった。

・Steins;Gate - シュタインズゲート -
期待度:☆☆☆☆
ゲームは素晴らしい出来らしいので期待。
やっぱりSFはいいよね!

・DOG DAYS
期待度:☆☆
水樹奈々ファンだから見てるだけ。
ただ、こんなご時世だから殺伐としたアニメでなく、こうしたほんわりした感じなのはいいかもしれない。

これらは第一話を見た作品のみです。
今後放送開始のものについては、後日改めてまとめようと思います。

あ、それと評価には載っていないけれど、遊戯王5D'sの最終回は素晴らしい演出でした。
今期の最終回の中では頭一つ飛びぬけていい出来だったと思います。
また、最近のアニメでは原作がラノベだったりエロゲだったりするものは、ハズレが非常に多い気がします。
対してアニメオリジナルのものは、企画の段階で尺が決まっていることから、まとまっているものが多くペース配分が良い作品が多いですね。
加えてオリジナルなので、先の展開が視聴者には分からない点も、想像力をかきたててくれます。
今後はアニメオリジナル作品がどんどん増えると嬉しいです。
スポンサーサイト

| アニメ・ゲーム | 06:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

5D's、つまり星で表す事すら恐ろしいわけですね。
あと良ければ近々某ブログで今期終了アニメ評価企画があるのですが
参加どうでしょうか?
参加なさる、もしくは参加するか考え中なら開始後、
コメントで伝えにきます。

| 花月(かづき) | 2011/04/04 20:28 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。
5dsは途中見ていなかったところがあり、全編を通しての評価が出来ないために対象から外しました。
また、企画のお誘いありがとうございます。
是非とも参加させていただきますので、よろしくお願いします。

| かに | 2011/04/05 03:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://opecaim.blog129.fc2.com/tb.php/56-bf27802e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。