NOOB-LOG !!

ぬーぶろぐ !!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

物語は佳境へ

今期のアニメは木曜枠が期待できるのは言わずもがな、周知のことでしょう。
ところで1クールのアニメ(昨今は大半がそうだが)は、この時期に物語はクライマックスを迎える。

さて、今週の考察といきましょう。

・IS:
どうでもいい。ゴミカス

・まどか:
さあ、面白くなってまいりました!とはいわない。
今回は至極当然の展開である。
劇中でも言われていた通り「ほむらはこの時間軸の人間ではない」のは分かっており、「未来を知っている」ことも十分理解できていただろう。即ち、未来から過去に戻った者であることは誰もが予想していた。
それをただ裏付けたのか今回である。
つまり、進展はなかったわけだ。
裏付けとは、
「ループものだったこと(タイムトラベルから連想できる)」
「ほむらは最初、弱々しかった」
「並行世界(この場合正しいか不明)では、まどかも魔法少女になっていた」
の3点であり、どれも付加的な要素でしかないといえる。
このように、話が全くもって動かなかった今回は、演出でもってクライマックスへの盛り上がりを上手くつくりだしたことは十分に評価しよう(ぜひとある何とかは見習ってほしい)。
ただし、演出を評価しているのであり、ストーリーや設定自体を評価しているわけではない。
この手のループものは既存のものと大差ない、または使い古された展開であり、ここまでだと驚きは小さい。
さらに前回のSF要素の投入による評価低下は変わらない。
これらループものは、なんといっても幕引きが要である。
従ってこの作品の評価は、どのようにして話にケリをつけるか、によって大きく左右される。
今回までに伏線(大してあったか首を捻るが)は回収されたため、本当にどう終わらせるかだけだ。
そういった意味では、もうこのあとは予想(妄想ではない)がつけられないではある。
ただ、ループ系ということを利用して、マルチエンディングによる、ある種の「ズルい」方法をとることも可能だ。
まあこれは視聴者が望む形ではないだろう。
個人的には救われない誰かを置いた、表向きハッピーなエンディングを期待したい。
全員が救われないのでは無常すぎるし、全員救われるのは今までの展開から少々釈然としないからだ。
とりあえず、期待しておこう。

(ひとつ書き加えておくならば、ワルプルギスの夜(?)が誰かということがキーかもしれない。いや、もしかしたら誰でもないかもしれないが、視聴者を驚かせるような展開にするなら、ワルプルギスを「誰か(どっちか)」に据えるのが妥当だろう。もし彼女であれば、その彼女が救われないという形でもって上記のハッピーエンドは迎えられるに違いない。)

・フラクタル:
まどかが長くなってしまったが、僕個人としてはやはりこちらが本題。
まずまどかと対比して、進展した回であることはいうまでもない。
核心に迫りつつ、キーワードあるいは伏線を張った。
「鍵とは何なのか、に新たな要素を加えた」
「結局フラクタルシステムとは何なのか」
「あのエヴァの綾波ばりのクローンはなんぞ」
そう、まどかに比べてこちらは、まだまだ分からないことだらけなのである。
今回、ネット上にアップされている動画には「面白い」、「面白くなってきた」などのコメントが多数つけられている。
どうやら彼らにもようやく分かったようである。
第一、ここまできて設定には推測が立つが、ずっとここまでストーリーが一切予想できない。
このことを多くの萌えブタどもは理解していなかったのだろう。
だからこそ、毎回は僕はまどかなんかよりも、次回が気になっていたのだ。
しかし批評もしよう。
まず、前回が全体のイメージから大きく浮いてしまっていることだ。
これは今回の流れにうまく繋がっていないことに起因する(尺が短く無理やりな感じを否めない)。
そして伏線を回収しきれるのかどうか、ということだ。
正直すべて回収しようとすると、若干駆け足になってしまうのではないかと心配している。
この折り合いのつけかたは、脚本・演出の腕の見せ所だろう。
個人的には、「鍵としてフリュネが処女である必要性」については上手い説明は出来ないと思っている(あれは処女の確認だと確信は出来ないが)。
とにかく妄想すれば、鍵はハードとソフトから成るものなのではないか、とこのように考えている。
またフラクタルシステムは、単なる思考統制にかかるものではないのでは…とも思う。
分からないことだらけであるため、妄想のし甲斐もあるものだ。
ただ、まどかと違ってこちらは綺麗に物語を丸めてくれることを願う。
ここまではフラクタル=悪者と描かれていることから、かえって複雑なエンディングは評価を落としかねない。
まあ、そんなわけだから是非ともフラクタルには注目していただきたい!

(やはりノイタミナは「連ドラのようなアニメ」を目指して開設されただけあって、実に魅せるアニメをつくってくれるなと今更ながらに思うではある。)
スポンサーサイト

| アニメ・ゲーム | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://opecaim.blog129.fc2.com/tb.php/52-ee794a08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。