NOOB-LOG !!

ぬーぶろぐ !!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アニメのススメ

最近オススメのアニメを聞かれることが多いので、僕のオススメのアニメを少々の解説を交えて列挙していきます。
ただし僕の趣味のために、偏向的なものが多めです。基本的にはSFが多い、というより九割は「SFもの」です。
あまりに有名で誰もが見ているような作品は除いています。
尚、所謂「萌えアニメ」は少ないので悪しからず。

装甲騎兵ボトムズシリーズ
言わずと知れたリアルロボットアニメの名作。今なお新作が作られ続けている。
同じサンライズ作品にはガンダムもあるが、個人的にはこちらの方が好き。
ガンダムよりも"大人向けの作品"という印象を受け、鬼のように強い主人公専用の機体が登場しないのも特徴。
泥臭い戦場を見たい人にはオススメだが、TV放送は古く、話数も多いので注意。
予告のナレーションが素晴らしいので、必ず全て見ることをオススメしたい。
ちなみに、OPは"むせる"がEDも良い。個人的にはOVAの赫奕たる異端のOPも好き。

無限のリヴァイアス
SF版「蝿の王」といわれる群像劇を描いた作品。一般には鬱アニメと称されるが、最後はきちんと救われるし、まとまっている。
グロテスクなシーンや性的な描写があるが、ネットでいわれるほど顕著なものでないと思われる。
キャラクターデザインは平井久司で、最近は専ら腐女子向けのキャラデザばかりだが、この頃は今よりもその傾向が薄いのである程度安心できる。
尚、「新世紀エヴァンゲリオン」の影響を受けているが、気になるほどではない。
OPは一見の価値あり。

攻殻機動隊シリーズ
※有名どころだが、周りに見ていない人が案外多いので挙げます。
硬派なアニメであり、政治的な話や魂(劇中ではゴーストと表現)といった抽象的な話が主軸であるため、少々難解なところがある。子供が見ても面白くないだろう。
電脳や擬体という技術が存在する特有の世界観(同作者のアップルシードという作品に通ずる世界観である)であるため、分からない言葉が出てきたら調べてみるとよいだろう。
音楽は菅野よう子であるため、総じて素晴らしい。

電脳コイル
攻殻機動隊同様、ネットワーク技術が進んだ世界が舞台となっているNHKの作品。
攻殻機動隊よりは子供向けという印象を受け、絵のタッチも軟らかく万人受けし易いうえ、笑えるシーンも多いが、大人が見ても十分に面白い。攻殻機動隊よりも先に見てみると良いだろう。

serial experiments lain
略してlainと呼ばれる作品で、やはりネットワーク系の物語。
先の攻殻機動隊や電脳コイルよりも人を選ぶ作品であり、ゲームなどの関連作品で補完されているらしいが、それらは現在入手困難。しかしながら、アニメだけでも一応まとまってはいるので十分だろう。
攻殻機動隊と電脳コイルを見て満足できなかったら場合に見ることをすすめたい。
OPはしばしば神OPと評される。

四畳半神話体系
ノイタミナ枠の作品。人を選ぶと思われるが、大学生活を知る人ならば楽しめるかもしれない。
SFっぽくないが、一応SFだろう。
同じノイタミナ枠の作品は面白いものが多いので、一度調べてみることをおすすめする。
尚、現在放送中の「フラクタル」についても個人的に注目している。

AKIRA
有名すぎる映画。これを見なければSFアニメを語ってはならない。
実は漫画の方が話が長く、さらに面白いので気になったら見るべし。

マクロスプラス
マクロスシリーズは様々あるが、マクロスプラスだけは見るべきだろう。
ゼントラーディうんぬんについては、先の作品を見なければ理解できないが、それはまあ調べればよい。
OVA4巻から成るが、映画(内容はほとんど同じ)もある。
マクロスフロンティアが人気を博しているが、硬派なあなたにはおすすめできない(僕は途中で見るのを止めた)。

プラネテス
NHKの本気。宇宙の話であり、各回のエピソードが完結しているため、一気に見なくてもよい。
NHKのアニメ作品のうち、最も素晴らしいものだと僕は思っている。
見ると宇宙に行きたくなるうえ、「You copy ?」「I copy.」と言いたくなる。
笑えるところも多いが、泣けるエピソードもある。ちなみに僕は泣いた。

イヴの時間
近未来の日本が舞台。ロボット、アンドロイドが一般に普及しているという設定で展開していく話。
もちろんそのアンドロイドと人間との関わりについての物語。
とても雰囲気が良い作品であり、案外万人受けするものと思われる。
比べるのは変だが「東のエデン」より面白い、だろう。
まだファーストシーズンのみの放映であるため、今後どのように展開するのか気になる。

SAMURAI 7
「七人の侍」のSFアニメ版。原作が良いだけに、アニメ化しても面白い。

バジリスク~甲賀忍法帖~
「甲賀忍法帖」の漫画・アニメ版。原作が良いだけに、アニメ化しても面白い。
僕は第一話と最終話で泣いた。ただし救いがないことに注意されたし。

夏目友人帳
妖怪ものだが、あたたかい作品。泣けるエピソードも多い。
ちなみに僕は泣かなかった。

天保異聞 妖奇士
妖怪もの。人気があまり出ず、打ち切られたような形で放映終了した。
現在はOVAで補完中である。
江戸時代が舞台であり、江戸文化や政治体制のありかたなどに注目しても面白い。
僕自身は妖怪もので、最も好きな作品かもしれない。
OPは"いきものがかり"が歌っており、先のNHKの朝ドラ"ゲゲゲの女房"のOPも"いきものがかり"であったため、あのグループは妖怪に何らかの縁があるのではないかと思ってしまう。
尚、個人的には妖奇士の曲の方が好きである。

吸血姫美夕
ヴァンパイアハンター美夕。妖怪もの。
少し古いが僕は結構好きで、人魚の話が印象深く、子供のころに見たのだが未だに覚えている。

無人惑星サヴァイヴ
NHKの本気。無限のリヴァイアスに対して、こちらはSF版「十五少年漂流記」。
対比しているが、その作品の色はまるで異なる。
どちらもきちんと完結しており、彼らのその後を描いている点は似ている。

MONSTER
サイコサスペンスもの。
まるでドラマのようなので、アニメが嫌いな人でも無理なく見ることができるだろう。というか、別に実写のドラマでもいい気がする(舞台が外国だからキャスティングに難があるか)。
個人的には「20世紀少年(実写映画だが)」よりも、よっぽど面白いと思う。


後半の作品の説明が短いのは、面倒になったから特に意味はない。
総じてどの作品も面白いのでぜひ見てもらいたい。
また、最近の作品は萌えやエロに媚びているので、真に面白いアニメを見ようと思うのならば、過去の作品の中から探すようにするといいだろう。
その際には、原作者が同じ作品や、制作会社が同じ作品、監督が同じ作品、というように関連したものを探していくものひとつの手である。ただしどのようにしても当たり外れがあるため、一度ネットで評価を調べてみるのが自分の趣味にあったアニメを見る最大の近道である。
スポンサーサイト

| アニメ・ゲーム | 03:12 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

個人的には、OPの曲が
・歌ではない
・歌詞が英語
のものは当たりが多いと思う。
なぜなら、曲の売り上げでの稼ぎが少なく、アニメ自体に自身があるからだろう。

また、本文に挙げた他に
「デビルマン」や「強殖装甲ガイバー」のOVAは押しておきたい。ただしどちらも実写の映画だけは見てはいけない!絶対にだ。

| Kani | 2011/01/29 03:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://opecaim.blog129.fc2.com/tb.php/45-c68d5602

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。