NOOB-LOG !!

ぬーぶろぐ !!

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アニメ「Another」批評

現在放送中のアニメ「Another」について批評したい。
僕は早速原作を購入、読了し、これとアニメとの対比を交えつつ評価したい。
従ってネタバレをするため、以下は原作既読もしくはネタバレOKの人だけ読むことを強く薦める。
途中まではこのまま記載するが、顕著なネタバレを含む事項に達し次第、続きは追記する。
(ただしアニメ3話までは見ておいて下さい)


まず現時点でアニメは3話なのだが、これは原作でいうと1/4ほどだ(文庫版上巻のおよそ半分)。
1クール(12か13話)であるとすれば、ペースとして原作に沿っている。
しかしながら、原作に忠実とは言えず、若干どうかと思う点がある。

今回の3話で、委員長の桜木であるとか、対策委員の赤沢が登場するシーンが嫌に多い。
次のシーンで原作とは大きく異なる。
・雨の日に桜木に誘われて一緒に帰ろうとするシーン(原作では風見と勅使河原、勅使河原はアニメでも居合わせたが)
・教室で進路のことについて赤沢が会話に混ざってくるシーン(原作では赤沢は登場しない)
これらは明らかに女の子がシーンの主軸に据えられている。
恐らく商業的立場から、女の子のキャラクターを立たせようとしているために他ならない。
原作では基本的に、ヒロインである鳴(以下メイ)以外の女の子についての描写は多くない。
まず桜木は早々に退場(死亡)するため、何度か絡みがあった。そして印象に残る死亡シーンに繋がるわけだ。
赤沢は原作では正直、ほとんど絡むことはない(後半では絡みが増えるが)。
実のところ、赤沢なんてあまり意味のないキャラクターだ。
主人公が入院している際の3組の見舞いにも来ていない。
どちらかといえば、勅使河原と風見のほうが重要なキャラクターであるし、主人公は彼らやメイとばかり会話していた(後にはこれに望月が加わる)。
だからして勅使河原から電話がかかってくるし、26年前以降の話について彼は来月になったら教えるというのだ。
しかしながら、ここまではまだ話の整合性が取れているし、問題も多くない。
遺憾に思うのは、原作と雰囲気を違える描画である。

※以下は重大なネタバレ。了承する人は[Read more]からどうぞ※

≫ Read More

スポンサーサイト

| アニメ・ゲーム | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。