NOOB-LOG !!

ぬーぶろぐ !!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はい、オムツですね。

最近更新していなくて、twitterのまとめくらいしか上がってませんね。
ツイートのまとめがないときは広告でちゃうくらい放置しておりました。
今回も特に書くことはありませんし、表題も「はい、オムツですね。」などと適当なことを書いています。まあ、仕方ないね…。

ところで原発に関連する問題が次々と起きております。
放射性物質然り、停電等々。

どうでもいいけれど、日本人は僕も含めてイカれた民族ですね。
原発事故が起きていない外国が、原発は危険だから止めようとしているのに、当事国たる日本は電気が足りないから稼働させようなどと意味不明な供述をしておりry

日本人は冷静だなんて、評価されるのはおかしいともいえる。
かくいう僕も放射性物質対策なんてしていないけれどね。
いや、こんなに暑かったら対策もクソなく、それにやられる前に熱中症でお陀仏するだろうよ。
じゃあ逃げろ、っていうけれどもそれは強者のセリフなんじゃないかな。
もちろん弱者救済だけを甘受するわけじゃないんだけど、上が助けてくれないとコレはどうしようもないよね。
そのお上の政府があれでは期待できないけれど、せめて本当の弱者たるガキ共くらいはどうにかしてやれや。
爺婆や僕らは余力があったら助けてくれ。
結局、冷静でいることが美徳と感じる感性自体がちょっとおかしいんじゃないの。
そりゃ少々のハプニングにも動じずに冷静に対処するのはクールだけど、こんな大問題に直面してまで動じないのは冷静というよりも鈍感といえるのではないのか。

話変わるけど、汚染された福島県産の牛肉が流通したって問題になって申し訳ないと思う。
だけど満足な補償がないのが原因だよね。
何も酪農家だって「汚染された牛肉でお前たちを内部被ばくさせてやる!」だなんて悪の組織染みたことしたかったわけではない。いや、恐らく確信犯ではあったろうけど、基準値越えの出荷制限地域だけに留まる問題では決してないだろうよ。自殺者も出ているのだから、モラルうんぬんだけで片付けたら絶対だめだ。

まあ、原発問題について書き続けるとキリがないので、やめようね。
スポンサーサイト

| 日常 | 03:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

原発事故について

私は福島県いわき市で生まれ、現在福島に住んでいる大学生です。
ブログなんて書いている時勢ではないのかもしれませんが、いつ書けなくなるか分からないので記しておくことにします。

福島原発は未曽有の事態に直面していると、連日連夜全国で報道されていることでしょう。
しかしこうなることは常日頃から「東京への一極集中」の批判とそれに伴う「原子力発電所の危険性」を訴え、事あるごとにレポートに書き綴ってきました。
東電に勤める友人が「原発は安全」といっても、頑なにそれを信じませんでした。
結局、私の懸念は現実となったわけです。

周知の通り、福島原発で発電された電気は東京へ送電されます。
地元では使いません。
そのため東北電力ではなく、東京電力の管轄なのです。

福島原発は私が生まれる前からそこにあります。
これを誘致した当該地区は資金援助を受けられます。だからこそリスクを背負い込んでも、原発を建てることにしたのです。
実際に私も原発の見学にも行きましたが、町並みはなんとも立派なものでした。
なるほど、当該地区にはとても魅力的な話だったのでしょう。

しかしながら、それ以外の地区には何のメリットもありません。
私の地元いわき市も現在において、屋内退避の範囲に含まれました。
私の実家はまだですが、40km圏内といったところでしょう(今私のいるところは50kmといったところでしょうか)。
このように私たちは、リスクだけを背負って過ごしてきたのです。
ところが若輩な私が、既存のそれを撤去しろ、停止しろと騒いだところで何も変わりません。
そのため、今回のような事態に対して私は「覚悟」していました。
いや、どちらかといえば「諦め」でしょうか。

だからぜひ首都圏民には知っていてもらいたいのです。
貴方たちの生活は、我々の犠牲の上に成り立っているのだと。

石原慎太郎が「津波は天罰」と心ない発言をしました(もしこれからも都民が石原慎太郎を支持するのなら、私は全力で批難します)
それでは原発の事故は、都民の我欲が招いたと換言できるでしょう。
そして、そのしわ寄せは我々が受けているのです(放射能が飛んできたといっていますが、そもそも原発は東京に被害が及ばないような場所に立地させているため安全です)
計画停電についても、被災地まで停電されたようです。
旭市が憤慨するのも当然のことです。

いつだって地方は東京の食いものにされてきました。
こんな事態になってまで同じであるのなら、亡くなった人は浮かばれないし、救える人も救えないでしょう。
もう一度いいますが、「貴方たちの生活は、我々の犠牲の上に成り立っている」ことを肝に銘じておいていただきたい。
この瞬間も。

私の位置も原発から決して遠いわけではありません。
かといって、逃げる手段などありません。
もし万が一の事があっても、私はきっとここから動くことはないでしょう。
その昔テレビで「チェルノブイリ原発事故」について見たのを覚えています。
事故後も依然として放射線量が多い地区で住むお婆さんの姿が目に浮かびます。

ただもう一つだけ覚えておいていただきたい。
私は何も、誰かを批難しているわけではないのです。
これは仕方がないことなのです。
言い得て妙ですが、気追う必要は決してありません。
日本が復興したとき(またはその過程で)、今の東京一極集中の体制をぜひ見直してほしい。
これに尽きます。
そうした都市計画、まちづくり、いや「くにづくり」を私は望みます。
そうすれば原発なんて必要ないはずなのです。

私の周りも水・食料不足で、批難したやつらもいます。
もう5日も風呂には入っていませんし、トイレを流すために貯めておいた水も枯渇しそうです。
そんな私たちが出来ることはただひとつ。
「我慢」でしょう。
私が我慢した分だけ、誰かの喉が潤って、腹が満たされるはずです。
力ない私が出来るのは、きっとそういうことでしょう(もちろん死ぬほどは我慢できませんが)

もしいわきに帰れる日が来たのなら、急いで帰って復興作業に従事したいと思います。
それでは皆さんもぜひご無事でいて下さい。
どうぞお元気で!

| 日常 | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アイコン

twitterのアイコンをどうしよう。

最近は専ら「かにさん」だけれど、やはり昔からの付き合いの人には「Caim」じゃないと分からない。
とにかくCaimはFPSをやる上で必要なHNだから譲れない。
そこで、MainNameを"Caim"に、SubNameを"かにさん"にしよう!

ところでなぜ"かにさん"なのかというと…

AVAといFPSゲームでメインになったアカウントのニックネームを「鎌田吾作」にしていたことに起因する。
鎌田吾作とは、ググってもらうのが一番だけれど、とにかくニコニコ動画で大人気の「パンツレスリングシリーズ」に登場する人物の愛称(俗称?)なのである。
彼のセリフ、というか空耳に
「蟹になりたい…蟹になりたいね…」
という有名なものがある。

しばらく鎌田吾作でプレイしていたが、ゲーム内マネーが枯渇してしまい、仕方なしに新しいアカウント作成することとなった。
そのときに、前述のセリフから「もう蟹になってしまえばいいじゃない!」と思いつき
「蟹さん」というニックネームのアカウントが誕生したのである。
「なったお!そうなったお!(^ω^)」

ちなみに、AVA内では蟹さんも金欠になり、「蟹くん」「蟹ちゃん」も存在している。
現在のメインは「蟹くん」であり、彼も金欠気味であるが、もうどうしようもない。
無課金だからやむを得ないッ!

もし年明けからAVAを再開するなら、そのときはまた新しいアカウントを作ってもいいかもしれない。
そのときは「かにさん」ではなく、「かまきりさん」などにしておこう。

実は昆虫の中で「カマキリ」が一番好きなのです。
カマキリ…
あのうっとりとするようなフォルム…
鋭い眼…
偽瞳孔…
特徴的な前肢…
威嚇の時に広げる翅…

すんばらしいィ――――――ッ!!
一般人には理解できないこの気持ち。仕方ないね…。
あとね、カマキリは網翅目でね、シロアリ・カマキリ・ゴキブリ目ともいわれます。
つまり皆が大好きな「G」に近い仲間なんだよね。
でもこれを知ったら、カマキリへの偏見が強まるからなるべく言わないことにしております。

-----------------------------------------------------
網翅目(シロアリ・カマキリ・ゴキブリ目)Dictyoptera
・等翅目(シロアリ目)Isoptera
・蟷螂目(カマキリ目)Mantodea
・蜚※目(ゴキブリ目)Blattodea
※ごきぶりという漢字が常用外。「虫へんに廉」。
-----------------------------------------------------

まあ、分類なんて結構変わるから、分からんのだけれど。
遺伝子的に近いのか、それとも形質でみてるのか知らん。
ただ卵のう(特にコカマキリ)を見ると、ゴキとよく似てる。

まんてぃす!まんてぃす!まんとであ!
ゴキブリなんてどうでもいいや!かまきり最高ーっ!


…あれ?
twitterのアイコンの話じゃなかったっけ?

| 日常 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忙しさに紛れて

紛れてしまえばいいものを!

最近はだんだんと忙しくなり、切羽詰まる寸前である。
特に今月は忙しい。
何しろ研究の調査が始まるのだ。
2週間に一回は必ず調査に行かなければならない。
そして採取してきたサンプルを分析しなくてはいけないのだ。

それを1年間続けるのである。
これは骨が折れる…。
しかしやりたいことだ、やらねばなるまい。

ただ、この時期に川に入るというのは、些か命の危険を感じないでもない。
しかし野生で育った私だ、やれないことはない。


非リア充も忙しいことは忙しいのだ!
何しろ23日の次の日は26日だと思っていた12月だが、どうやら非リア充なりにその空白の期間を使うことになりそうだ。
It's"非リア充の集い"。
そう聞くと、非リア充達が傷を舐めあい、リア充どもを唾棄するための会合に思える。
しかしながら、非リア充がリア充になる道を模索するための前進的な議論を交わすために使いたい。
ただ、街に繰り出せば、腐った林檎のような吐き気を催す甘い香りとオーラが、其処ら中に蔓延していることだろう。
それを感じて、果たして我々が自制心、もしくは理性を保っていられるかどうかは問題だ。
何しろ贖罪人たるキリストが降誕を祝う日に、新たに罪を背負った者がこの世に生を与えられるための行為が1年のうちで最も多いだなんて…許すまじ!
爆発に値するが、全く持って、そちら側へ早く行きたいものだ!

そんなわけで、しばらく忙しいのである。
これからは徐々にINする時間も削がれてしまうだろう。
何かを得るためには、何かを犠牲にしなくてはならないのだ。
仕方がない。
ただ、私はリア充を犠牲にして一体何を得たのか、そだけれが未だに分からないのである!

| 日常 | 17:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。