NOOB-LOG !!

ぬーぶろぐ !!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイ・ブレインⅡのオープニング

今期で一番いいOPだと思う。
作画良好だし、主題歌と映像は近年稀にみるマッチングの良さ。
1期のOPも悪くはなかったが、比較すると映像に動きがなかったと言える。
なんかノノハの右から左にツーっと移動するシーンとか、ちょっと笑えるレベルだった。
今期ではアイキャッチが全然パズルじゃないのに、パズルっぽくしてるのが笑えるポイント。
データ放送で、視聴者もパズルが出来るのはいいけど、動作が重いからやる気はしない。
そしてアニメ中に出てくると、ちょっとウザい。
まあ、やりたい人にはいいのかもしれないけど。
そしてこのためかは知らないけど、劇中でのパズルのレベルが下がった気がする。
それはそれで、オルペウス・リングで脳が活性化し一般人のパズル、という設定に忠実かもしれない。

ところでもちろんお気に入りのOPカットはこれ↓
フリーセル
ダウト
ミゼルカ
メランコリィ
ピノクル

オルペウス・オーダーの面々が次々変わっていく最後のシーンは、素直にカッコいいと思う。
でも「ファイ(Φ)」が仮面ライダーファイズっぽい気がする。まあ、Φだからね。
しかし顔に影があるだけで、こんなにカッコいい映像になるだなんて、驚いたわい。

とにかく女の子が増えて、ホモ臭がちょっと軽減された感じではある。
相変わらず敵のリーダーはカイト大好きなホモなんだけど。きっとホモ受けし易いタイプなんだな。
ノノハもOPでは可愛いんだが、本編でちゃんとヒロインやってくれるのだろうか。
アナは前回のギャモンポジで、何かしら繋がりがあるんだろう。元はオルペウス・オーダーの一員だったとかね。

なにはともあれ、さすがNHK。声優がより豪華になった。
「NHKの本気」の裏側には、金もずいぶん絡んでいるようである。
ま、受信料払ってんだからそれなりのもんを作って貰わにゃ、意味がないではあるよね。





スポンサーサイト

| アニメ・ゲーム | 04:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アニメ批評【2012年3月】

★はオススメ度。多いほど良い。
注意書きは以前の記事参照のこと。
今回は普段に増して辛口。

・偽物語:★★
相も変わらず平常運行のシャフト。
何だかシャフトのアニメを見ると疲れるようになった。
ぶっちゃけた話、ぜんぜん面白くなかった。
テンポ悪し、正直4話あればまとめられた内容。

・あの夏で待ってる:
勝手に待ってろ。

・輪廻のラグランジュ:
ばつッ!

・妖狐×僕SS:-
なんでやった。

・Another:★★
前回の記事を参照の事。

・戦姫絶唱シンフォギア:
何とも言えない詰まらなさ。
即ち、糞アニメ。

・モーレツ宇宙海賊:★★
なかなか面白い。
ただし疲れているときに頑張ってみるほどの価値はない。

・ゼロの使い魔F:★★
悪くないようで、悪い。
展開は速くていいんだが、いかんせん面白さに欠ける。
つまり原作も面白くないってことなんじゃねーか?
まあ、1期に比べて、2期3期とだんだん面白くなくなっていったという印象。

・アクエリオンEVOL:★★★
今期でオススメできるアニメその1。
テンポはいいし、前作を見ていなくても楽しめると思う。前作を見た人は更に楽しめているはず。
アマタは影が薄いけれど、カグラと合わせてダブル主人公なのだろう。
2クールなので期待。

・アマガミSS+ plus:★★
紳士のためのアニメである。
壁殴OK.

・ハイスクールD×D:★★★
今期でオススメできるアニメその2。
見ないと言っていたのに、結局最後まで見た。
なんだかんだ言って王道的な、それこそ昔のアニメを思い出すような展開はGood。
途中で作画崩壊があったのは残念。

・灼眼のシャナF:★★★★
やっと終わった・・・。だがやはり面白かった。
★4はシャナ全部の評価と見ていただきたい。
とりあえず言えることは、アニメが良いのではなく、原作が良いのだろうということ。
今期は変な間延びこそしなかったが、若干テンポが速かったという印象。
また、シーン変更(個々に戦っている場面への移り)がやや多すぎたのではなかろうか。


その他は書くことがないか、全く見ていないかのどちらか。
正直なところ、凶作であった。来期もあまり期待は出来ないのが残念だが、どうせ忙しいのだからいいか。
ちなみにAVAは詰まらなくなったので辞めました。
もうデスクトップも畳んでしまったし、PCゲームはほとんどやる機会がなくなるでしょう。
新しい趣味としてアクアリウムを始めましたが、これについてはまた後日。

| アニメ・ゲーム | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アニメ「Another」批評

現在放送中のアニメ「Another」について批評したい。
僕は早速原作を購入、読了し、これとアニメとの対比を交えつつ評価したい。
従ってネタバレをするため、以下は原作既読もしくはネタバレOKの人だけ読むことを強く薦める。
途中まではこのまま記載するが、顕著なネタバレを含む事項に達し次第、続きは追記する。
(ただしアニメ3話までは見ておいて下さい)


まず現時点でアニメは3話なのだが、これは原作でいうと1/4ほどだ(文庫版上巻のおよそ半分)。
1クール(12か13話)であるとすれば、ペースとして原作に沿っている。
しかしながら、原作に忠実とは言えず、若干どうかと思う点がある。

今回の3話で、委員長の桜木であるとか、対策委員の赤沢が登場するシーンが嫌に多い。
次のシーンで原作とは大きく異なる。
・雨の日に桜木に誘われて一緒に帰ろうとするシーン(原作では風見と勅使河原、勅使河原はアニメでも居合わせたが)
・教室で進路のことについて赤沢が会話に混ざってくるシーン(原作では赤沢は登場しない)
これらは明らかに女の子がシーンの主軸に据えられている。
恐らく商業的立場から、女の子のキャラクターを立たせようとしているために他ならない。
原作では基本的に、ヒロインである鳴(以下メイ)以外の女の子についての描写は多くない。
まず桜木は早々に退場(死亡)するため、何度か絡みがあった。そして印象に残る死亡シーンに繋がるわけだ。
赤沢は原作では正直、ほとんど絡むことはない(後半では絡みが増えるが)。
実のところ、赤沢なんてあまり意味のないキャラクターだ。
主人公が入院している際の3組の見舞いにも来ていない。
どちらかといえば、勅使河原と風見のほうが重要なキャラクターであるし、主人公は彼らやメイとばかり会話していた(後にはこれに望月が加わる)。
だからして勅使河原から電話がかかってくるし、26年前以降の話について彼は来月になったら教えるというのだ。
しかしながら、ここまではまだ話の整合性が取れているし、問題も多くない。
遺憾に思うのは、原作と雰囲気を違える描画である。

※以下は重大なネタバレ。了承する人は[Read more]からどうぞ※

≫ Read More

| アニメ・ゲーム | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AVAマイナー武器のススメ「第1回:WA-2000」

久しぶりに内容をAVAでお届けします。
今回から『マイナー武器のススメ』というコーナーを新設します。
栄えある第1回はWA-2000です。

マイナー武器のススメ「第1回:WA-2000」
今回のテーマ:WA-2000は30mのうんこx2

スナイパー専用の武器であり、セミオート式(以下SA)のスナイパーライフル(以下SR)であるこの銃器。
何を隠そう、SAのうちで最高の威力を有し、射程もSA屈指であるため、現在実装されているSASRで最も高い一撃率を有すであろう武器なのだ!
しかしながら、主流のボルトアクション式SRとまではいかない一撃率、走り撃ちが得意とは言えない(SASRのくせに)など、使用者は少数に留まっている。
当然である。
また購入費が高く、ランニングコストもよろしくないと、不遇な立場にあるという人もいる。
どうしようもない。

だがしかし、カスタムと使い方次第では強力な武器であるということを忘れてはならない!
その強力さゆえに、高いコストがかかるのだ!
これは運営が武器バランスを整えた結果なのである!

さあ、そのカスタムはを惜しみなく紹介しよう。
↓コレだッ!↓
WA2000カスタム
F:アップグレードキット
M:基本スコープ
B:ロングレンジバレル
T:なし
G:連射グリップ
S:なし

OK!なるほど、ほぼ鉄板!(wiki参照のこと)
一応、ひとつずつ紹介しよう。
・アップグレードキット:これがないと産廃。マイナス補正ないなら、最初から反映しとけよカス!
・基本スコープ:好きなのをつけるよろし。スコープ展開速度はほとんど変わらんので、コレで充分。
・ロングレンジバレル:ガンガン前に出るなら強化バレルか。しかし・・・(後述)
・連射グリップ:速いに越したことはない!どうせ一撃出ないんだから!

よし、カスタムはいいだろう。
次はこの武器(カスタム)の特性だ。
まず肝に叩き込むべきことがある。それは・・・
2射目の反動が一番でけえ!ということだ。
これはもう、一撃じゃないとき曲者ってもんじゃあない。
とりあえずコレ↓を見よ。
AVA_120118_223548_00.jpg
右から「フルオート」、「タップのみ」、「タップ+リコイルコントロール」して撃ったものだ。
スコープの十字横線のラインから撃っている。
フルオートまたは、タップのみを見ると顕著に2射目の反動が大きいことが分かる。
こいつを押さえつけるリコイルコントロールが必要になってくるわけだ。
(ちなみにタップもフルオートと連射速度が変わらないように撃っている、または撃つことが可能)

さて、次にこの2つを見よ。
AVA_120118_223755_00.jpg

AVA_120118_224117_00.jpg

どちらも左は立ち、右は座りで「タップ+リコイルコントロール」して撃ったものだ。
立ちはともかく、座りは明らかに②のほうが集まっている。というか、ほぼ点だ。
何が違うのか?それは・・・
スコープの段階だ!
①は1段階目、②は2段階目だ。
WOW!じゃあ基本スコープの2段階目で運用すればOKなのか、それか別スコープの高い倍率でOK!

事はそう簡単ではない。
実は20mでは1段階のほうが扱い易いのである。
上に示した画像は、30mで実施したものなのだ。
即ち、20mまでは1段階で運用し、30mからは2段階で運用すると良いということになる。
境界は知らん!
もちろん20mだろうが30mだろうが、スコープが1段階だろうが2段階だろうが、死なんもんは死なんのだ!
ならばなるべく集弾を良くしよう、ってことだ!

ちなみに、30mはDSのロングにてNRFのスナイパーが武器庫を覗いている大凡の距離である。
だからこそ30mには拘らなくてはならないのである。そして30mはスナイパーの基本距離といえるだろう。
40mのところも無きにしもあらずだが、WA-2000なんかで狙ったら負けやで!TPG使えよ!
ちなみに20m以内なら強化バレルのほうが一撃率が上がるだろう、とのこと(wikiより)。
しかし今回は30mに拘泥しているため、ロングレンジバレルを採択した。
反動の程度については、要望があれば追記しよう。

それでは、まとめ。
WA-2000は、30m以遠ではうんこ座りして2段階ズームで戦うと良い。
略して、30mのうんこx2だ。
(もちろん20m以内でも座ったほうが集弾は良い)

以上。

次回、マイナー武器のススメ
「第2回:C7A2」
予定テーマ:後輩を見習え!

| AVA | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

前期のアニメ・今期のアニメ

だいぶ更新していませんでした。
どうせ僕が過去にどんなアニメがあったか思い出す程度にしか使わない、メモのようなものですからいいのですが。
過去に記事にコメントがありましたが、とても下品なものでしたので表示しないことに致しました。

それでは、今回も私的な評価をして参ります。
注意事項については以前の記事の通りですので、あまり食いつきませんよう願います。
なお、このブログは私自身あまり見ていませんので、ご意見がある方はTwitterのほうへ(Twitterもあまり見ませんが)。



【前期】
ファイ・ブレイン(継続) ★★★
あまり話題に上りませんが、なかなかどうして面白い。
残念なのが、劇中でのパズルについて視聴中にそれを一緒に考えるような時間が与えられていないことなのだが、時間の尺の関係から仕方ないか。
しかしながら、キャラクターはそれぞれ個性があって大変よろしい。基本的に一話完結型であるため、テンポもよい。
さすがNHKといったところである。

UN-GO ★★
ノイタミナ枠。悪くなかった。episodeも見たくなるような設定だった。
原作は古いらしいが、それをして良く現代風にアレンジしていると感じた。
また、愛生の演技を評価したい。放送期間中に起きた愛生騒動で彼女の評価は下がっただろうが、アイドル声優としてでなくきちんと演技で売っていけば、十分通用するだろうことが示唆されたと思われる。

僕は友達が少ない 
流行の声優いっぱい出ててよかったです(小学生並の感想)。

ペルソナ4(継続) 
岸だから期待したのだが、そうでもなかった。途中で切ってしまった。
キャラクター自体は劇画寄りであるにも関わらず、コミカルなシーンが多かったのはどうだろうか。
原作のゲームでも同様なら仕方ないが、いかんせん違和感を感じた。

灼眼のシャナF(継続) ★★★
2期のテンポの悪さが嘘のよう。ディモールト・ベネ!

Fate/Zero(続く) ★★★★
原作を知らない人をして、高評価を得たようだ。もちろん型月大好きな僕も高評価だ。
まあ僕も原作を読んでいないのだが、既読者からすると若干足りない部分があったようだ。
それでも話の整合性がなくなるものではなかったのだから、よくまとまっていたのだろう。
第一話からのストーリーの盛り上げ方もよかったといえる。ただ、キャスター敗退までやってくれないという生殺し感は否めない。でも、型月の新作ゲーム出るから許す!!

とまあ、それ以外のものは見たり見なかったりで、ほとんど切った。
書くのも億劫になるほど、つまらなかったということでよいだろう。




【今期】(もう第一話以降を見たもの)
輪廻のラグランジェ ☆☆☆
日産の人がメカニックデザインしたんだって。なるほど流線型のデザインは嫌いじゃないわ!
でもね、女の子がロボットに乗るアニメってあんまり当たらないんだよね。でも期待している。

Another ☆☆☆☆
実は一番期待している。
その一言だけ、添えておこう。

あの夏で待ってる 
おい、あの花よろしくだと失敗するぞ。一番の地雷臭。

アマガミSS+  ☆☆☆
紳士のためのアニメである。

妖狐×僕SS  
第一話からお通夜。

ハイスクールD×D  ☆☆
おっぱい枠。でも主人公のおバカ具合は、懐かしさを覚えるようなものがある・・・。
ある意味で良いアニメかもしれない。

ゼロの使い魔F  
シャナのようにはいかんかもしれん・・・。

偽物語  ☆☆
いや、別段書くことないんだ。

モーレツ宇宙海賊  ☆☆☆
なんかまた懐かしさを覚えるアニメである。いいと思う。

まあ今期は上記のアニメ(妖狐・D×Dを除く)+前期からの継続(P4を除く)で満足できそう。それ以外はまるで見る気も起きない!
それとガンダムUC episode4は実に、実に、よかった!ガンダムAGE()が死んだので、ガンダムUCを見るか、待てない人はSEEDのリマスターを見ると幸せになれそう。

| アニメ・ゲーム | 06:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。